今すぐ転職したいITエンジニアにおすすめの転職エージェントを比較

転職するなら客観的な自己分析が必要

転職する時、履歴書の準備と共にまず取り組まなければならないのが自己分析です。

職務経歴書のように単にキャリアの書き出しを行うだけでなく、自分が何を目指すのか10年後、20年後の自分のポジションをどこに置くかを考えなければ、求人に目移りばかりして本当に自分が就職したい企業像ができないのです。

そしてそのまま転職活動をしてしまい、運よく就職ができても企業側の求めるものと自分の目指すゴールのギャップに苦しむこととなります。

とはいってもなかなか自分だけでそこまで分析するのは至難の業です。
よきアドバイザーとなる先輩や友人、家族がいれば心強いですが、なかなかIT業界、転職に通じた人はいません。

転職エージェントのメリット

そこで活用すべきなのが転職のプロ、転職エージェントです。

転職エージェントは企業と求職者の契約が成立すると企業側から報酬をもらう仕組みになっているため、求職者にとってはただで転職サポートをしてもらえることになります。転職エージェントはそれぞれの企業の求める人物像を企業側から詳細に調査しており、企業と求職者のミスマッチを最小限にすることができます。

また、求職者が転職エージェントに登録すると1人1人にコンサルタントがつき、求職者のキャリアを分析や、スキルの分類、求職者の現在の求人市場における価値を教えてくれます。さらに転職が成功した後も今後ゴールを目指すうえで新たに必要となるスキルなどのアドバイスもしてくれるのです。

求人のマーケットは変動し、波があります。自分だけの判断でその波に乗っていくことは非常に難しいと言えます。
それを導いてくれるのが転職エージェントなのです。

コンサルタントは求職者空のヒアリングはもちろん企業との連絡、面接日程調整などの求職者がやらなければならない作業をすべて代行してくれます。
そのため、コンサルタントとの相性は重要であり、よい関係を築かなければなりません。

転職活動における最終的な判断は自分自身で行わなくてはならないものですが、選択肢を広げるのはコンサルタントの力量です。
転職の成功はコンサルタントとの関係も大きく影響するのです。

非公開求人は企業にっとっては多くの人材からより自社にマッチした人材を採用できるという利点があり、求職者にとっては採用までのライバルが少ないという利点があります。非公開求人はコンサルタントによって受け持つ企業が異なるため、必ずしも自分の希望する企業像とコンサルタントの抱える非公開求人が一致するとは限りません。

また、人と人との関係ですから必ずしも担当になったコンサルタントと相性が良いとも限りません。コンサルタントはカスタマーサービスなどに連絡すると変更してくれるのですが、転職エージェントは1か所だけでなく2つ以上登録するのが望ましいでしょう。

転職エージェント、どこに登録すればよい?

転職エージェントにはIT業界に特化した企業があります。
コンサルタントや営業もIT業界経験者が多く、彼ら自身がIT業界からの転職者であることも多いです。だからこそIT業界に強いエージェントとなることができるのです。

また、すべての職種を扱う転職エージェントではまんべんなく企業や職種の求人を集めなければならないため、どうしても広く浅くなりがちです。一方IT業界に特化した転職エージェントは、求人する企業もIT業界が多いため、中小、ベンチャー企業から大手企業まで求人企業の層が厚いのです。

レバテックキャリアではなんと最短9日で内定が出てしまうことがあり、スピード転職を可能にしています。これは保有する求人企業の多さを物語っています。登録求職者はもちろん求人企業も多ければよりマッチング度の高い企業と人材の出会いを生み出すことができるからです。

マイナビエージェントは転職サイトとしては最大級のマイナビ転職を運営しているマイナビグループのサービスの1つです。転職エージェントとしては後発なので登録者数はトップではありませんが、その分コンサルタントの手厚いサポートが受けられるといえます。

マイナビエージェントに限らず、多くの転職エージェントのコンサルタントにはノルマがあります。月に何人とか、契約成立による報酬額です。求職者が企業と契約することで求職者の年収から割り出した報酬が企業側から支払われます。登録者数が多いエージェント企業では必然的にコンサルタントが抱える求職者も多くなるため必然的にノルマが高くなります。

一方登録者数がそれほど多くなければノルマも低くなりコンサルタントが抱える求職者数も減るため1人1人に手厚いサポートをすることができます。ですから一概に登録者数が業界トップだからと言って(コンサルタントの質はいいのかもしれませんが)手厚いサポートを受けることができるとは限らないのです。
転職エージェントを複数登録することが望ましいと言われる理由の1つでもあります。

また、マイナビエージェントは非公開求人が8割を占めています。
例えばIT/インターネット/通信で検索すると公開求人数1000件に対し、非公開求人は6000件以上もあるのです。このように豊富な求人数を抱えているのはマイナビエージェントの一番の強みだといえます。

ワークポートはWebやゲーム系に非常に強い転職エージェントと業界でも名の通った企業です。転職コンサルタントではなく転職コンシェルジュという名称を使っているのも特徴です。コンシェルジュとはホテルの総合案内・世話係の職務を行う人の総称で、宿泊客のあらゆるニーズに応える力や知識のあるスタッフが置かれるポジションです。転職コンシェルジュとしたのはコンサルタントやエージェントを超えた満足度を提供するという企業の考え方の表れです。

コンシェルジュ4人に1人がエンジニア出身で業界の実情を実際に感じてきている方々のため求職者にとっても心強いですね。求人も中小企業、ベンチャーなど幅広く保有しており求人社数は7000件とも言われています。

IT関連の転職に強いキャリアデザインセンターのtypeは転職成功者の年収アップ率が71%という驚異的な数字をただき出しているエージェントです。日本マイクロソフト社も使っているエージェントであり、企業側からの信頼も厚いと言えます。

スキルアップや上昇志向の高い求職者にもさまざまなキャリアパスを提案してくれるので、企業におけるキャリアアップの道筋や基準・条件を明確にとらえることができます。

求職者のサポートはもちろん企業側のニーズに的確に応えているため、typeに求人を任せる企業が増えています。豊富な求人情報が求職者に反映されるため、就職率もたかくなります。

企業側のヒアリングやサポートにも手を抜かない企業側の評判の良いエージェントを転職活動では使うべきだと言えます。

女性におすすめの転職エージェントは?

女性の転職では、結婚や出産・育児といったライフイベントを考慮する必要があります。
そのため、女性の転職に強い転職エージェントを利用することは、転職後の失敗を減らすために重要です。

女性におすすめの転職エージェントについて調べてみました。

女性の転職を得意としている転職エージェントには、次のような特徴があります。
1点目、女性求職者の転職実績が多いことです。女性の採用において、求人企業との良好な関係が築けています。
2点目は、女性コンサルタントの数が多いことです。同性であるからこそ、結婚や出産・育児における女性の役割や負担を理解してもらいやすいです。
適正を判断し、より良い求人を紹介してもらいやすいです。
また、転職活動におけるスケジュール管理も様々な配慮がしてもらえます。
3点目は、利用した女性からの満足度が高いことです。
口コミ評価などを参考にすることで、満足度の高さやどのような点が満足したのかを知ることができます。
満足度の高さには、きっと理由があるはずです。

具体的におすすめの転職エージェントについて紹介します。

・typeの人材紹介(「女の転職@type」を運営)
登録者数100万人を超える大手転職求人サイト@typeを運営する株式会社キャリアデザインセンターの人材紹介サービスです。
リクナビNEXT第6回転職エージェントランキング、総合顧客満足度第1位で、実績と定評があります。
キャリアアドバイザーの9割が転職経験者で、的確かつ利用者の立場にったキャリアアドバイスんい定評があります。

・マイナビエージェント Woman Will
マイナビエージェントは、日本最大級の就活サイト「マイナビ」を運営するマイナビグループの無料転職支援サービスです。
Woman WIllは、女性コンサルタントによる女性のための人材紹介サービスです。
女性コンサルタントのため、女性のライフイベントへの理解に定評があります。
また、職場の雰囲気や人間関係、福利厚生や女性社員のキャリアパス実績など、女性ならではの細かなチェックポイントもしっかり伝えてくれます。

・転職・求人DODA
株式会社インテリジェンスが運営する、転職支援サービスです。
女性のキャリアコンサルタントも多数在籍しており、安心して相談することができます。
女性が長期的に活躍できる求人を紹介することをモットーとしており、企業が男女平等の評価制度なのか、女性が活躍できているのかをしっかり判断し、転職先の紹介をしてくれます。

多数の転職エージェントの中から、自分と相性の合うものを見つけるために、初めはいくつものエージェントを利用してみることをおすすめします。

転職エージェントのおすすめの選び方とは?

転職活動において転職エージェントの利用は、強い味方になります。
転職エージェントの利用は、転職希望者の適正やスキルに合わせた求人の紹介、面接等の日程の調整、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポート等、様々なメリットがあります。

多くの転職エージェントがありますが、どのように選べばいいのでしょうか?

転職活動を始める際、転職エージェントは複数登録して利用しましょう。
次のような理由があります。
1点目は、エージェントがダメか優良か、比較判断をするためです。
初めて、転職活動をする際には、転職エージェントのサービスがどのようなもので、どのような流れかを把握できていません。複数のエージェントを利用することで、比較し把握することができます。
その上で、そのエージェントが優良であるか否かを判断することができます。

2点目は、エージェントの相性を判断するためです。
合格可能性のある求人を可能な限り紹介する会社もあれば、厳選して紹介する会社もあります。
どちらが、向いているかは人それぞれです。
自分との相性の良いエージェントか判断しましょう。

3点目は、エージェントによって、得意先の企業が違い、求人の幅が違うためです。
多数のエージェントから紹介される求人もあれば、1社からしか紹介されない求人もあります。
それは、エージェントごとに、その求人企業への入社実績や営業との関係性が違うからです。
多数のエージェントを利用することで、求めていた求人に出会える可能性は高くなります。

4点目は、様々なキャリアコンサルタントと接することで、自分自身のキャリアやスキルを客観的に見つめるためです。
キャリアコンサルタントによって、あなたに対する評価は変わります。
その、様々な意見を聞きながら、自分自身を客観的に見ることができます。
自分自身のキャリアやスキルは、希望条件に見合っているのか今一度考えることができます。
それは、良い転職をする近道になります。

これまで、複数のエージェント利用の利点を調べてきました。
しかし、複数のエージェントを利用するとスケジュールが大変で、活動しにくくなるというマイナス面もあります。
ある程度の期間、複数のエージェントを利用したら、様々なことが見えてきます。
ダメな会社、キャリアコンサルタントの相性が悪かったエージェントを切り、付き合うエージェントを絞りましょう。
1社から3社程度なら、スムースに活動できます。

最初は大変ですが、多くのエージェントの中から自分にあった会社を選び、より良い転職活動を行うために、複数のエージェント利用で判断していきましょう。

転職エージェントに相手にされない理由は?

転職活動をする際に多くの人が転職エージェントを利用しています。
転職エージェントとは、正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれ、厚生労働大臣から認可され、職業斡旋を目的とした会社のことです。
一般的には、「人材紹介所」や「人材バンク」とも呼ばれています。

主に、転職希望者に対して、求人情報の提供、面接日時等の調整、採用条件等のとりまとめ、入社日の調整などの、転職活動の一連をサポートしてくれます。
専任のキャリアコンサルタントがアドバイスを行い、適性や希望に基づいた詳細な求人の提供をしてくれます。
また、職務経歴書の書き方や、面接の対策や年収交渉など、転職経験がない方へのサポートも充実しています。

一般的に登録後、面談を行い、キャリアカウンセラーが求人案内をします。その中で、興味がある求人に応募します。
カウンセラーが受付、推薦状とともに、エージェント内の求人企業担当に送付します。
ここで、応募者の経歴をもとにエージェントで社内選考を行います。
合格した場合、募集会社へ書類が送付され、選考されます。
書類選考を通過した場合のみ、何度かの募集会社との面接を行い、内定へと向かっていきます。

勤めながら、転職活動をする際、転職希望者にとってメリットが大きいサービスと言えます。
しかし、登録後に「現在ご紹介可能な案件はありません」と、転職エージェントに相手にされない人もいるのです。
なぜ、相手にされないのでしょうか?

次のような理由が考えられます。
低学歴、低スペック、社会人経験がない、転職回数が多すぎる、年齢が高い、希望する職種がない等です。
このような場合は、自分の経歴に対して希望条件が高すぎて、人材エージェント側も紹介の仕様がないと考えます。
もう一度、転職に関して妥協できる点と譲れない点を見直してみてください。
通勤時間、仕事のやりがい、企業の規模、勤務時間や休日、給与等、妥協できる点はないでしょうか?
一つ条件を下げることで、幅広い求人に出会える可能性が広がります。
妥協したと思っても、逆に他の面で条件がいい企業に出会えることもあります。
妥協が悪いことではないと前向きに考えてください。

また、1度は求人の紹介を受け、応募したのに放置されているという状況もあります。
キャリアコンサルタントは、多くの人材を担当しているため、後回しにされている可能性があります。
また、他の候補者が内定が出そうで求人が保留になっていることもあります。
一度問合わせてください。
任せっきりにしているうちに、他の企業と出会うチャンスを逃しているかも知れません。
そして、今後は、応募後にどれくらいで連絡を貰えるのか、その都度確認しておきましょう。
その期日を過ぎたら催促するようにしていけば、キャリアコンサルタントとの関係を壊すこともなく、転職活動をスムースに行うことができます。

転職エージェントから相手にされていない場合は、必ず原因や理由があります。
まずは、自分自身に原因がないかを考え改善しましょう。
それを踏まえても改善されない場合は、エージェントに働きかけましょう。
あくまでも、自分が転職活動をしていることを忘れずに、エージェントに任せっきりにしないようにすることが大切です。

人気があるIT転職の職種

ひとことにIT業界と言っても、実は様々な仕事があります。
システムエンジニアでもどのような業種のシステムに関わっていくのか、ということによってやる仕事も微妙に変わってくることがあります。

では人気があるIT転職はどのような分野なのでしょうか?
近年ではスマホの普及により、スマホアプリの開発を行う企業が増加をしています。
中にはアプリ開発とはあまり関係のないような企業であっても開発をすることがあります。
健康食品やサプリメントを取り扱っているような企業でもアプリ開発をすることによって、飲み忘れを防ぐなど、様々な工夫をしています。
健康食品会社でもIT関連の仕事をすることができます。
そのためにはある程度の知識が求められます。

ゲーム開発を行っている企業は人気がありますが、斬新なアイディアが求められますし、特殊な開発となるのでややこしいのですが、それでも自分が考えたゲームを形にすることができると言うこともあるので人気です。
ただ求人そのものはそんなには多くありません。

大手のIT企業も人気があります。
検索サイトを運営しているところであっても、様々な部門があり、部門別に人気も異なってくるので、大手のIT企業がよいと漠然と思っていても、そこでの仕事内容によってはやりがいが全く異なります。

今、人気があり収入も高いと言われているのが医療系のIT開発や金融系です。
専門システムを構築することになるので、かなり大変ではありますが、その分やりがいを感じることができますし、世間の役に立つ仕事をすることが出来るので、メリットはあります。
収入も高額なことが多いので年収アップを狙っている人には特に人気があります。

他の視点から見てみると、給与よりも残業時間が少ないIT求人が注目されています。
大きな収入を得ることができたとしても、自分の時間を確保することができないともなれば、ストレスも溜まりますし、体調にも影響をします。
中にはIT転職で体調を崩してしまい、その結果また別のところに転職をするという人もいるので、そのようなことにならないように、勤務に関して自分の希望を叶えることが出来るIT企業が人気のようです。
福利厚生がしっかりしている、有給のシステムも整っており、取得しやすいという点も重視されていますし、リフレッシュしやすい環境が整っているIT企業はやはり人気があります。
今就業をしている人が生き生きとしている企業は人気が高いです。

IT転職をすることによって年収アップは可能か?

IT転職をすることによって年収アップは出来るのでしょうか?
転職の理由の1つに年収のアップがある、という人も多いです。
自分の能力はもっと価値のあるものだ、と感じている人もいるかもしれません。
適正年収をチェックすることが出来るサイトもあるので、利用をしてみると、今の年収はかなり低いということが分かるという人もいるでしょう。

IT転職であれば、キャリアやスキルによって年収も大幅アップすることは可能です。
ただし、就業をする企業によっても年収に差は出てくるので、IT転職をする場合には企業についての情報もしっかりと収集しておくことが必要です。

もしも今就業をしている企業がIT関連企業であれば、今の企業で長く勤務をしていたほうが将来的に年収はアップするのか、それとも転職をしたほうがよいのか、ということを考えてみることも大事です。
今の企業で仕事を続けていたほうが生涯収入は高くなることのほうが多いです。

ただし、同じ転職であってもヘッドハンティングをされた場合には、状況が異なります。
ヘッドハンティングの場合にはどうしても就業をして欲しい、転職をしてほしいということになるので、収入の提示は今よりも高くなることが多いです。
そうなると転職をしたほうが年収はアップするでしょう。

ヘッドハンティングは頻繁にあることではないので、普通にIT転職をした場合を考えてみましょう。
IT関連の専門的な資格を取得している人であれば、その資格が収入につながることがあります。
資格を有しているということだけで手当てが付けられることもあるので、転職先の企業では資格手当があるのかどうか、ということを確認しておくとよいです。
国家資格を取得している場合にはそれだけでも価値があるので、手当も多く出されることが多いです。

条件次第ではかなり年収がアップすることも考えられますし、IT関連と言ってもどのような業種に関わるのか、ということによっても収入は異なってきます。
金融関係や医療関係のシステム構築などは専門知識も求められてくるので、ハイレベルな仕事が要求されます。
そうなると給与が元々高いということになるので、高度な専門知識を必要とする分野の勉強をするとよいでしょう。

正社員で就業が難しい場合、契約社員での雇用を結び、そこから正社員になる方法もあります。
そのほうが段階的に年収がアップするというメリットもあります。

ただし、必ずしも年収がアップするわけでなく、条件によっては大幅ダウンすることもあります。

IT転職の際の面接のコツ

IT転職だけではなく、どんな業種の転職の面接でもコツはあります。
採用された場合、実際に就職をした後に採用をされたその理由を聞くことができるかもしれません。
しかし不採用になってしまった場合、その理由を聞く機会はほぼありません。
次の面接のために不採用になってしまったそのポイントを聞くことができれば、改善の余地があるかもしれませんが、実際には不採用の理由を聞くことが出来ないので、改善のポイントも分からないことが多いです。

IT転職の面接の際には、想定される質問がいくつかあります。
その質問に対する回答をしっかりと考えておくことも大事なのですが、ありきたりな回答の場合には他の人との差が分からないということになってしまいます。
想定される質問とその回答を考える際には、回答の中に自分らしさ、オリジナリティーを取り入れることを考えてみるとよいでしょう。

IT転職の場合にはスキルが求められることが多いです。
資格を多く取得していたとしても、詳しい技術面の話をした時に返事に困ってしまうような人は印象も悪くなってしまうことがあります。
資格はただ取得をしただけで頭の中には全然入っていない、と判断されてしまいます。
IT関連の仕事がしたい、という気持ちを伝えることも大事ですが、採用をして全然知識がなく、役に立たないということになってしまうと企業側も困ります。
中には未経験者のほうを優遇したいという企業もありますが、それを承知の上で採用をしてくれるところというはどこにでもあるわけではありません。
ですから、面接を受ける前に経験者なのか未経験者なのか、ということをしっかりと分かってもらうことが大事です。

IT業界は専門用語も多いので、その専門用語の知識も求められます。
知ったかぶりで話してしまうと矛盾点も出てきてしまうため、分からないことは分からないという勇気も必要です。

ありきたりな回答だとその人のことを十分に理解することはできませんし、本質が見えてこないこともあります。
事実を詐称することがないように素直に正直に回答をしていくことは必要ですし、自分のことを理解してもらえるように、また志望をした理由も伝わるように自分の言葉で考えて伝えていくことが大事です。

基本的なことは履歴書をみれば分かるようになっているので、記載をしていないようなことを答えていく、ということが面接の中で求められることですし、面接官も見ている点なのです。

第二新卒でIT転職って可能なものなの?

希望をする就職先に就職をすることができず、内定をもらったので就職をした、という若い世代は多いです。
しかしそうなると、仕事をしていても違和感があり、結局すぐに退職をしてしまうこともあります。
新卒で就業をしてすぐに退職をしてしまう人を第二新卒と言いますが、この第二新卒の需要が今高まってきていることをご存じでしょうか?

社会経験もあまりない、というのはデメリットのように感じますが、実際はどこの企業の色にも染まっていないので、採用しやすいということがありまう。
第二新卒でIT転職も不可能ではありません。
学校でIT関連を専攻していたのであれば、新しい知識を持っています。
その新しい知識を企業の中に取り入れたいと考えているのであれば、第二新卒を積極的に採用をするということにもなります。

今はスマホの利用率が増加をしている、ということがあるのでIT関連の求人が増加をしています。
経験がある人のほうが即戦力にはなるかもしれませんが、すでに他社での経験を積んでいれば、自社のやり方に合わないことも考えられます。
しかし第二新卒であれば、自社のやり方に合わせることができます。
柔軟な対応をすることが出来るので、第二新卒の採用は企業にもメリットがあるのです。

第二新卒でIT転職は不可能ではありません。
今は第二新卒のための転職情報サイトもありますし、その中でもIT業界に求人を絞ったサイトもあります。
そのIT企業に入社をして、どのような仕事を行いたいのか、ということをしっかり考えておくことも必要です。
そうすることによって、企業側もその人材を得るとメリットがあるのかどうか、ということを判断してくれるでしょう。

IT企業は大手から中小企業まで幅が広いです。
大手に絞って求人情報をチェックするのもよいですが、中小企業であってもやっている仕事の内容がグローバルなところもあります。
ですからその企業で出来る仕事はどういうものなのか、ということをチェックした上で転職活動を行っていくとよいです。

支援をしてくれる専門サイトであれば、どういう資格があれば有利になるのか、面接ではどのような対応をすればよいのかなどをレクチャーしてくれるところもあります。
第二新卒であってもIT転職を成功させるためには、情報をしっかりと収集、管理した上で自分が本当にやりたいと思う就職先を見つけることが大事です。
実務経験がなくても就業出来るIT企業もたくさんあるのです。

大手企業へのIT転職のメリット

IT転職を考えた場合、できるだけ大手がいいと思う人もいるでしょう。
大手のIT関連企業の場合、中途採用を行っているところも多いです。
これは即戦力を求めているから、と言われています。
ですから、大手を希望している場合には実務経験があって、ハイレベルな資格を複数有していたほうが、採用される可能性は高いです。

特に外資系の大手であれば、実力主義を採用しているところが多く、年功序列制度という日本の古い考えを持っているところは少ないです。
実力があれば、昇進をすることもできますし、昇進をすれば給与もアップすることもあります。
それだけではなく、重要な仕事を受けることも多くなり、責任も求められます。
その分、やりがいを感じることが出来る仕事を多く受けることが出来るようになる、というメリットがあります。

またキャリアアップのための研修を行ってくれたり、新しい情報を共有することが出来るシステムを構築している大手企業もあるので、向上心を持って仕事に取り組むことが出来るということもあります。

大手のIT企業への転職は難しいと考えがちですが、タイミングが合えば採用される確率も高いです。
キャリアがあれば、けして無理なことではありません。
現在システムエンジニアで転職を考えているならSE転職ちゃんねるというサイトが役立ちます。

キャリアがないけど、大手でIT関連の仕事をしたいと考えているのであれば、IT企業に絞らないほうがよいでしょう。
IT企業だけではなく、他の大手の企業であっても、IT関連部門を立ち上げていることが多いです。
自社独自の社内システムを構築したり、事務処理をスムーズに行うためのソフトを開発、導入することもあります。
そのようなIT企業ではないけど、IT関連部門を設けている大手の商社などを希望してみるのもよいでしょう。
自分がやりたいと思うことを大手企業の中で生かすことができます。

またそのようなIT企業ではないけど大手企業でIT関連の仕事をしたい人のための求人というのもたくさんあります。
大手企業だからこそ、専門的な部門を立ち上げることが出来るということもあるので、選択肢に入れてみるとよいです。

大手IT企業への転職であれば、ずっと同じ部署で仕事をするのではなく、様々な部署を経験することが出来るように配慮されていることもあり、同じ企業であっても様々な経験を積むことが出来るようになっているところもあります。
大手には様々なキャリアを積むことが出来るように、人事異動を考えているところもあるので、長く同じ企業で就業をすることが出来ることもあります。